​​測定で可視化

​​省エネ等級には気密測定は不要です。

間取りが地震に強いのか、快適なのかをあらわす等級があります。

地震は耐震等級、快適は省エネ等級ですね。建物のデザインを凝って

ハングオーバーする場合等は構造計算を実施して耐震3等級を検討した方が良いと考えます。デザイン重視の設計では耐震等級は1で問題なし、とか制震ダンパーで足りる等仰るケースがありましたが、そうでしょうか?

省エネ等級は使用する材料で決まります。隙間がたくさんあって気密性が高くなくても最高等級がとれてしまいます。可能であれば気密測定をすることをお勧め致します。

0745-51-0201

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2019 by DAI-SEI. Proudly created with Wix.com